音楽ブログ

巣鴨の学割のある駅近ギター教室 巣鴨ジャムセッションギター教室のSatoshiです。

連日の雨、辛いっすね(´;ω;`)

ギター初心者の頃は一体なんのためにやっていたんだろう?

と、理由も分からずにとりあえずやってた『基礎練』。

なんのためにやっていたか分からずともやっておいた方がいいですし、

やっておいて正解だったと思います。

今となっては、もっとやっておけばよかった!

という想いです。

ですので、長年ギターをひいていますが、

今更になってさらに基礎練やフォームのチェックを厳しくして

練習しております。

基礎練習の勘違いされがちなところは

大体の人が『速く弾く』ことを目標としてしまいます。

もちろん、速く弾くことも大事ですが、

それだけだと正直言って意味がないです。

基礎練習用のフレーズを如何に美しく演奏できるか?

そのためにフォーム等を厳しくチェックするんです。

『美しい』というのはフォームもサウンドも全てです。

こういった心構えはかなり重要です。

例えば、このフレーズ

こちらは私が音楽学校に通っていた頃に習ったアルペジオフレーズです。

最近は、フォームの確認のために毎日、基礎練習として練習しています。

全てオルタネイトピッキングで演奏します。

このフレーズの落とし穴は、8分音符だということです。

8分音符リズムだと、大抵の初心者の方は『速く』弾こうとしてしまいます。

それはNGです。

私は、リアピックアップのクリーンで如何に良い音で緩急をつけて弾けるか?

ということを目標に毎日練習しています。

と言っても、初心者の方々は私と同じ目標ではなくていいと思います。

オルタネイトピッキングをしっかりやる。という頃を目標にし、

クリアできたら、もう一つ課題を加える。

例えば、余計な音が響かないようにミュートをしっかりする。とかです。

それもできたら、また新しい課題を『追加』します。

今までのクリアした課題にプラスする感じの方がいいです。

ちなみに、歪んだ音でやるとめちゃめちゃ難しいです。

ノイズだらけになります。

こういった、自分なりでいいので基礎練を毎日やることをお勧めします。

別に、1日何時間もやらなくていいのです。

とりあえず10分だけでいいのです。

1年後に変わるか変わらないかはあなた次第。